aswww log

Webエンジニアの技術録。Linuxとかウェブ制作・ソフト開発とか

WebView内で通信エラーでエラー画面表示さす

WebView内で通信エラーになった場合(net::ERR_CONNECTION_TIMED_OUT)、エラーページを表示さすようにハンドリング
#WebViewClient生成時に定義してあげる

○準備(既にassetsディレクトリがある場合は不要)
HTMLを置くassetsディレクトリを作成する。
AndroidStudioのプロジェクトのappを右クリック→[新規]→[New]→[Folder]→[Assets Folder]を選択。
app/src/main/asestsディレクトリが作成される。
また、build.gradleに以下のとおり追記する。(自動挿入されることもあるので、既にあったら編集不要)

android {
    sourceSets{
        main{
            assets.srcDirs=["src/main/assets"]
        }
    }
・
・
・

app/src/main/asestsにエラー画面のHTML(network_error.html)を配置して準備終了

○WebViewクラスにコーディング

次のとおりWebView生成時にオーバーラードして実装する。

WebView webView = (WebView) findViewById(R.id.webView);
webView.setWebViewClient(new WebViewClient() {
    @Override
    public void onReceivedError(WebView webview, int errorCode, String description, String failingUrl) {
        if(errorCode < 0){
            // 自作のエラーページを表示
            webView.loadUrl(“file:///android_asset/network_error.html”);
        }
    }

参考URL
http://www.hangout.co.jp/blog/archives/148
http://stackoverflow.com/questions/4997677/android-webview-onreceivederror
http://growsic.com/blog/androidlocalhtml/

Andoridアプリの開発と本番の取扱をGradleでどうにかする

参考にしたサイトは以下。
https://firespeed.org/diary.php?diary=kenz-1824

Andoroidアプリ界隈で開発と本番は

開発=debug、本番=release

っぽいので以下はそれに則って記載する。

○一つの端末にデバッグバージョンアプリとリリースバージョンアプリを共存させたい
Module内にあるbuild.gradleを以下のとおり修正する。

    buildTypes {
        debug{
            applicationIdSuffix ".debug"
        }
        release {
		・
		・
		・

ビルド時にデバッグバージョンアプリの時は、アプリIDに.debugがつくので、アプリバージョンIDがリリースバージョンと被らない=共存できる

○開発と本番で設定ファイルを切り替えたい。
以下のとおり設定ファイルを切り替えられる。

  • 本番用定数

/src/main/res/values/strings.xml

<resources>
    <string name="app_name">Sample application</string>
    <string name="url">http://gati.net</string>
</resources>

/src/debug/res/values/strings.xml

<resources>
    <string name="url">http://uso.net</string>
</resources>

Javaソースコード内で参照する際は普通にR.string.urlでOK。

WEBアプリのようにENVで切り替えられないのは少し不便。

MacVimでfileformat=unixのファイルで改行を変換するには\n

WindowsGVimだと例えばfileformat=unixのファイルで改行を空白に変換したいときは

:%s/^M/ /g

もしくは

%s/¥(半角円マーク)n/ /g

でできた。
自分の今のMacOSX上にインストールしたMacVimの場合は

%s/\(半角バックスラッシュ)n//g

※\(半角バックスラッシュ)=option+¥(円マーク)

じゃないと変換できなかった。
他のサイトの記事によると¥nで置換できている人もいるので同じMacでもバージョンとか環境によって違うのかも?

Dockerで共有ディレクトリのパーティションを変更する方法

Docker上で以下を行っても反応無し。パーミッションも変わらない。

chmod -R 777 cache

共有ディレクトリはローカル側のディレクトリのパーミッションもそのまま共有されるようなので、ローカル側を以下のとおり変更

chmod -R 777 cache

dockerにsshしてみると777になっているはず

Stringの文字列中に複数個の文字列が一個でも含まれている場合、continueする

Q.$taisyoStringの文字列中に"ダメ"または"いらない"文字が含まれている場合、continueするphpプログラムを書きなさい。

A.
phpの文字列検出系関数の中で一番処理効率がいいのはstrpos関数らしいのでできるだけそれを使う。

  • 回答1.一番シンプルif文だけ
const DAME_MOJI="ダメ";
const IRANAI_MOJI="いらない"

if(strpos($taisyoString, self::DAME_MOJI) !== false or strpos($taisyoString, self::IRANAI_MOJI) !== false){
    continue;
}
  • 回答2.php5.6からconstでarray使えるようになったらしいからarrayで定義
const HUYOU_MOJIS = array("ダメ","いらない");

foreach(self::HUYOU_MOJIS as $huyouMoji){
   if(strpos($taisyoString, $huyouMoji) !== false){
        continue 2;
    }
}
  • 回答3.preg_matchで判断。一番短くてすむ
const HUYOU_MOJIS = "ダメ|いらない";

if(preg_match($taisyoString, self::HUYOU_MOJIS) === 0){
    continue;
}
//もちろん3項演算子でも可

and etc...

AndoroidStudioのAVDのkvmに関わるエラーでハマった件

先の記事、「AndoroidのAVDのためにcpu-checkerしようとしたらmysql-serverがエラー」はそもそも以下のAndroidDeviceManagerでAndroid6.0の端末をクリックした際に以下のエラーメッセージが表示されたことから始まった。

f:id:aswww:20160523215738p:plain

KVM is required to run this AVD.
/dev/kvm is not found.

Enable VT-x in your BIOS security settings, ensure that your Linux distro has working KVM module.

ここにはkvmが無いとのことなのでkvmを以下のサイトを参考にインストール。

How to Install KVM and Create Virtual Machines on Ubuntu

egrep -c ‘(svm|vmx)’ /proc/cpuinfo
sudo apt-get install qemu-kvm libvirt-bin bridge-utils virt-manager
sudo adduser name libvirtd
virsh -c qemu:///system list

ここまで記事通り。ただし、この後のCreating Virtual Machinesでまたエラーが発生。
[New VM]で新しい仮想環境を作ろうとしてもできなかった。Errorの内容は忘れてしまったが、とにかく「kvmを利用できません」みたいな内容だった。
以下のサイトを参考に調べると
KVM と /proc/cpuinfo の微妙な関係 | CUBE SUGAR STORAGE

BIOSのCPUの設定でVMを許可しなきゃいけないらしいのでBIOS起動。
ASUSの場合、BIOSの最初の画面はこんな感じ。

f:id:aswww:20160523225227j:plain

最初は簡易設定画面らしいので[Advanced Mode](詳細設定?)へ移動

f:id:aswww:20160523225319j:plain

[詳細設定]→[詳細]→[CPUの設定]→[Intel VT(Intel Virtualization Technology)]を[有効]に設定。
[退出]→[保存してリセットする]を選択して再起動。

改めてAndroidStudioを起動し、エミュレータを起動したら件のエラーは出なくなった。

AndoroidのAVDのためにcpu-checkerしようとしたらmysql-serverがエラー

AndoroidのAVDがうまく動かなく色々調べていたらcpu-checkerをインストールしたらいいらしいと各地の記事に書いてあった。が、何故かインストール時にエラーになる。
OSは先日Ubuntu14からアップデートしたUbuntu16.04LTS

sudo apt-get install cpu-checker
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:

(中略)

以下の追加パッケージがインストールされます:
  msr-tools
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  cpu-checker msr-tools
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 15 個。
2 個のパッケージが完全にインストールまたは削除されていません。
17.5 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 87.0 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] Y
取得:1 http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/ubuntu xenial/main amd64 msr-tools amd64 1.3-2 [10.6 kB]
取得:2 http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/ubuntu xenial/main amd64 cpu-checker amd64 0.7-0ubuntu7 [6,862 B]
17.5 kB を 1秒 で取得しました (14.3 kB/s)
以前に未選択のパッケージ msr-tools を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 1038687 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
.../msr-tools_1.3-2_amd64.deb を展開する準備をしています ...
msr-tools (1.3-2) を展開しています...
以前に未選択のパッケージ cpu-checker を選択しています。
.../cpu-checker_0.7-0ubuntu7_amd64.deb を展開する準備をしています ...
cpu-checker (0.7-0ubuntu7) を展開しています...
man-db (2.7.5-1) のトリガを処理しています ...
mysql-server-5.7 (5.7.12-0ubuntu1) を設定しています ...
initctl: Unable to connect to Upstart: Failed to connect to socket /com/ubuntu/upstart: 接続を拒否されました
insserv: warning: script 'binfmt-support' missing LSB tags and overrides
insserv: Default-Start undefined, assuming empty start runlevel(s) for script `binfmt-support'
insserv: Default-Stop  undefined, assuming empty stop  runlevel(s) for script `binfmt-support'
Job for mysql.service failed because the control process exited with error code. See "systemctl status mysql.service" and "journalctl -xe" for details.
invoke-rc.d: initscript mysql, action "start" failed.
dpkg: パッケージ mysql-server-5.7 の処理中にエラーが発生しました (--configure):
 サブプロセス インストール済みの post-installation スクリプト はエラー終了ステータス 1 を返しました
dpkg: 依存関係の問題により mysql-server の設定ができません:
 mysql-server は以下に依存 (depends) します: mysql-server-5.7 ...しかし:
  パッケージ mysql-server-5.7 はまだ設定されていません。

dpkg: パッケージ mysql-server の処理中にエラーが発生しました (--configure):
 依存関係の問題 - 設定を見送ります
msr-tools (1.3-2) を設定しています ...
エラーメッセージは前の失敗から続くエラーであることを示しているので、レポートは書き込まれません。
                cpu-checker (0.7-0ubuntu7) を設定しています ...
処理中にエラーが発生しました:
 mysql-server-5.7
 mysql-server
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)

しばらくmysql事態触っていなかったので原因は不明。(Ubuntuのアップデート時に何かあったのかもしれない)
とりあえず現状のmysqlの状況を調べようと、とりあえずログインしようとしても以下のエラー。

mysql
ERROR 2002 (HY000): Can't connect to local MySQL server through socket '/var/run/mysqld/mysqld.sock' (2)

もちろんmysqldは動いていました。
埒が明かないので、以下のQAを参考に全部アンインストールしてから再インストールすることに。
mysqlの中身が消えてもいい状況なので。もし消えたらこまる場合は安易に再インストールしないほうがいいですよ)

Ubuntu日本語フォーラム / MySQLが起動できなくなりました。

sudo apt-get remove --purge mysql-server* mysql-common 
sudo apt-get autoremove
sudo apt-get install mysql-server

以下のコマンドでmysqlに繋がるようになり

mysql

無事cpu-checkerも正常に動くようになりましたよ。